ペットボトルの蓋の利用法



パパにもうれしい、愛車のデコレーション方法

 

なんとペットボトルの蓋で、クルマのデコレーションまでできるんです。思いついたひとはエライですよね。町のノーベル賞とまではいかなくても、リサイクル大臣賞を贈りたいくらいです。

 

方法は、
1:どんなペットボトルの蓋でもOK、蓋を約半分幅で輪切りにする。
2:カットしたら切断面をホビールーター(電動彫刻刀)などでなめらかにならし、最後にケバなどをていねいにとり除く。
3:蓋の頭、中央に直径3、4㎜程度の丸い穴を開ける。この作業はけがをしやすいので、気をつけて。
4:穴を開けた蓋をナンバープレートのボルトにはさみこむ。
5:これでオリジナルのライセンスキャップが完成。

 

ナンバープレートの封印って味気ないものが多いですよね。これなら好きな柄を描いたりシールやキャラクターグッズ貼ったり、思いのまま。愛車への愛着がいっそう深まりそうです。

 

それに駐車場での目印にもなりますし、なにより見た目が個性的で自己満足度もかなりアップしますよ。しかも超チープな方法で。作業の途中で失敗したって材料がペットボトルの蓋だから気にしない、気にしない。切断や穴開けは子どもには危ないけれど、デコレーションはいっしょにすると親子遊びになって楽しいですよ。